周辺部位が垂れる(取り急ぎ)

脂肪吸引で垂れる理由

取って良い脂肪とダメな脂肪

やるからには、根こそぎ脂肪を取りたいと思う方は少なくありません。ただ取って良い脂肪と取らない方が良い脂肪があるのをご存知でしょうか?
例えば、太ももの脂肪を限界まで取ってしまうと、付け根部分のお尻を支えていた脂肪もなくなってしまい、加齢や経年とともにお尻が垂れてきます。
このように、術後に周辺部位が垂れてしまった場合、脂肪の取り過ぎが原因と考えられるのです。

陥りやすい部位

お尻

お尻を支える太ももの付け根を取り過ぎると加齢や経年で垂れ下がる吸引する箇所を間違えると垂れ下がって見える場合がある。また、お尻を支える太ももの付け根を取り過ぎると加齢や経年で垂れ下がる。

頬骨の下の脂肪を取ると、げっそりとして不健康な老け顔に見える頬骨の下の脂肪を取ると、げっそりとして不健康な老け顔に見える。

修正方法

必要な脂肪を再び注入

脂肪の取り過ぎによって特定の部位が垂れてしまった場合、支えるために必要な部分に適量の脂肪を注入する施術で、垂れた部分を押し上げ元に戻すことが可能です。なかでも、健全な自己脂肪を使用するコンデンスリッチファット(CRF)注入療法なら、通常の脂肪注入より高い安全性を確保できます。

脂肪吸引完成までのタイムライン