ダウンタイム中の「硬縮(拘縮)」について

目次硬縮(拘縮)とは?拘縮はいつからみられる?どんな症状?なぜ硬縮(拘縮)は起こるのか硬縮(拘縮)を緩和するセルフケアマッサージストレッチ専門施設でケアを受ける方法もあるもし、6か月経過しても症状が改善しなかったら? 脂肪吸引後の「拘縮(こうしゅく)」 あまり聞きなれない言葉ですが、脂肪吸引後はこの「拘縮」と長い付き合いになります。 他の症状が収まったあたりで気になり始めることが多いです。 拘縮は1か月~3か月、長い方で半年ほどの期間現れ、一時的とはいえ他の皮膚よりも固めの触感や、でこぼこしたデザインで脂肪吸引に失敗したのではないかと心配になられる方が多くいらっしゃいます。 しかしながら「拘縮」については回復過程で必ず見られる正常な反応なので問題はありません。 ダウンタイム中の症状を知った上で、あれば正常な反応として納得してケアに臨めます。 ダウンタイムを不安なく過ごすためにも、拘縮が起こる理由とケア方法を熟知しておきましょう。 硬縮(拘縮)とは? 拘縮はいつからみられる? 拘縮は痛みやむくみが収まってくる、術後1週間ごろから脂肪が無くなった組織間に繊維質を作り始める期間で現れる症状です。 だいたい術後1カ月あたりがピークです。このあたりで繊維質の構築が終わって皮膚と皮下層が定着してきます。その後3か月から半年ぐらいまでの間で消退していきます。 どんな症状? 皮膚の表面が硬くなり、ツッパった感じになります。そのため、関節を曲げ伸ばししにくく感じます。またこれに伴って皮膚が乾燥しやすくなるので、かゆみも感じやすいです。また、皮膚の表面が一時的に凸凹した感じになります。 拘縮の症状が完全に消退するまでは時間がかかりますが、火傷やケロイド跡のように永久的に残るものではないので、ご心配には及びません。 なぜ硬縮(拘縮)は起こるのか 脂肪吸引の術後、脂肪があった場所が何もない空間になると、その空間を埋め合わせようと線維質が張り巡らされます。この線維質が皮膚と皮下組織の間をつなぐ接着剤のような役割を果たして引き締まっていきます。このとき、皮膚が引っ張られたような感じがし、それとともに表面は凸凹になります。 硬縮(拘縮)を緩和するセルフケア マッサージ しこりのように感じる部分は、ぐりぐりと指圧してほぐしましょう。 引きつれ感がある所は、ゆっくり押し伸ばしてください。徐々に伸縮が良くなり改善されていきます。 より美しい仕上りを目指すなら、クリニックでのアフターケアや、脂肪吸引後のケア を専門に扱っているエステサロンなどで施術を受けるのも良いと思います。 基本的には血行促進と保湿です。 血行が良くなることで代謝を促し、症状の消退を加速させます。 拘縮は乾燥によるカサカサ肌やかゆみを伴うことがあります。その際には保湿クリームで水分を補ってあげましょう。 市販の保湿クリームを塗りこんで同時にマッサージで皮膚を伸ばすようにすると早期消退が期待できます。 <二の腕のマッサージ> <太もも・ふくらはぎのマッサージ> <お腹のマッサージ> ストレッチ ハンドマッサージだけでなく、ストレッチも硬縮に伴う引きつれ感の緩和に効果的です。 ストレッチは言わば運動前の準備体操。引きつれが生じやすいのは、二の腕、腹部、内もも、ふくらはぎですが、抜糸以降はこの部分をゆっくりと伸ばしていきましょう。 痛みが我慢できる程度の強度で構いません。毎日行うことで徐々に可動域(動かせる範囲)が広がっていくので、まずは伸ばすことに重点を置くことがポイントです。 専門施設でケアを受ける方法もある クリニックやエステサロンで、脂肪吸引の術後専用の施術を受けるという方法もあります。硬縮(拘縮)ケアとして代表的なものは「インディバ 」です。 インディバは施術方法ではなく、スペイン・インディバ社が開発した高周波温熱機器で、インディバ機器を取り扱うサロンは脂肪吸引後のケアの知識が豊富で、早期の症状の緩和と改善が期待できます。 高周波エネルギーによる温熱効果で、人体でほぼ感じることができない非常に小さな振動による刺激が特徴です。生体細胞の活性化や修復の促進を目的として、血液とリンパ液の流れも改善されます。 ご興味のある方は、ぜひご相談ください。 ※当院の提携エステティックサロンの情報はこちら もし、6か月経過しても症状が改善しなかったら? 硬縮は、手術後、傷が治る過程で必ずみられる正常な反応なので、あまりご心配なさらなくても大丈夫ですが、ご自宅でマッサージされたり、エステやクリニックでのアフターケアを受けられると、より早く、より美しい仕上がりに近づきます。 ただ、術後6か月が経過しても治らない場合は脂肪の取り残しの可能性もありますので、一度クリニックへ相談されることをおすすめします。